最短の道のりでITエンジニア、プログラマを目指す

未経験からプログラマへ転職

転職サイト

未経験でITエンジニア転職への履歴書、職務経歴書の書き方、注意点!

更新日:

すでに実務経験がある場合やアピールできる技術がある場合と違い未経験や経験の浅い場合の応募書類の書き方をご紹介します。

 

未経験での採用の場合、現時点での技術や経験よりも志望動機が重要

企業が未経験OKや新卒での採用をする場合、応募者も未経験や経験の浅いばかりになります。技術や経験での差がほとんど変わらない応募者の中から採用担当者からみて、最も差がつきやすいのが履歴書の「志望動機」です。どういった志望動機がNGなのでしょうか。

NGな志望動機の例

応募企業でなくても良いありきたりな志望動機

採用企業からみて会社の事を理解して応募しているのかという点は気になるポイントです。採用されればどこでも良いといった応募者よりも本当に自社に入りたい方を採用したいと考えています。その為、志望動機にはなぜ応募企業を選んだのかといった点を記載する事が重要です。応募にあたりなぜその企業を選んだのかがはっきりしている場合は好印象です。

ネガティブな理由からの志望動機

現在の勤務先企業や業種に対する環境への不満などのマイナスな理由はNGです。ネガティブな理由での志望動機は、採用後に何か上手く行かなかった場合にも同様に不満から転職されてしまう懸念が出て来る為控えるようにして逆にポジティブな理由を記載するようにしましょう。

 

-転職サイト

Copyright© 未経験からプログラマへ転職 , 2017 AllRights Reserved.