最短の道のりでITエンジニア、プログラマを目指す

未経験からプログラマへ転職

派遣社員としてITエンジニア、プログラマになる!

派遣社員のメリット・デメリット

正社員ではなく、派遣社員として働く事には正社員にはないメリットが実はたくさんあります。特にIT系のお仕事の場合有利な点をご紹介します。

派遣社員のメリット

派遣社員としてお仕事を探す場合と正社員での探す場合では、派遣社員での採用の方がハードルが低いケースが多いです。また、仕事を選ぶ際の条件面でも勤務時間、場所、業務内容や期間について正社員採用よりも自由度が高いです。

派遣社員のデメリット

多くの派遣社員の求人は派遣期間があり、時給での給与となる為、安定性という意味では正社員よりは劣ります。

派遣社員には種類がある?

派遣社員と一口にいっても「一般派遣」、「特定派遣」、「紹介予定派遣」と3種類あります。それぞれの違いを簡単に説明します。

一般派遣

通常「派遣社員」や「派遣契約」といった場合は、「一般派遣」の事を指す事が多いです。
「一般派遣」とは、通常の正社員が企業と雇用契約をし就業する形とは違います。
「一般派遣」の場合、就業先企業に雇用されるのではなく、派遣元である派遣会社と契約をし就業先の派遣先企業で就業します。派遣会社に登録した段階では雇用契約はせずに派遣先企業が決まり就業が開始した時点、契約が結ばれます。就業が期間満了などから終了した場合には派遣元の企業との契約も終了します。

メリット
働く期間、時間、場所、内容を選択出来ます。「色んな企業を見てみたい!」、「この期間だけ働きたい」といった正社員では難しい条件でも働く環境が見つかる可能性があります。

デメリット
就業期間のみの給与が発生するため、収入が不安定になる場合があります。

 

特定派遣

「一般派遣」が派遣先企業での就業期間のみ雇用されるのとは違い、派遣元企業と派遣先期間以外も雇用契約を結ぶ為、派遣先なく待機している期間に関しても給与が支払われます。特定派遣は、専門的な技能を必要とする職種が限られていますが、多くのIT系の職業はその中に含まれます。

メリット
派遣先企業がない待機状態でも雇用契約が維持されるため、収入は安定しています。

デメリット
一般派遣とは違って、就業先や条件などの選択するといった事は難しいです。

 

紹介予定派遣

「紹介予定派遣」とは、正社員(契約社員)として派遣先企業に雇用される事を前提しています。
当初は派遣社員として試用期間として最長6ヶ月まで就業し、条件等が合えば就業期間後に派遣先企業に直接雇用されます。条件等の合意については勤務している派遣スタッフ、派遣元企業、派遣先企業の合意になりますので「派遣スタッフ」から働く環境や給与等の条件が合わない場合や、派遣先企業が求めてる条件と満たなかった場合は、雇用契約は結ばれません。

メリット
採用する企業側からみて社員として採用する前に派遣社員での試用期間が存在する為、通常の社員での採用に比べて入社難易度は下がる事が多いようです。また派遣されるスタッフ側も派遣社員でのお試しで働く期間があるので、入社後に思った就業環境と違うといった双方のミスマッチが起きにくいです。

デメリット
良いことだらけのように感じられる「紹介予定派遣」ですが、募集が通常の採用や派遣採用と比べて圧倒的に少ないです。その為、希望する企業や職種での募集がない可能性もあります。

 

最新記事一覧

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 未経験からプログラマへ転職 , 2017 AllRights Reserved.