最短の道のりでITエンジニア、プログラマを目指す

未経験からプログラマへ転職

未経験からITエンジニア、プログラマになる方法

StockSnap / Pixabay

未経験からITエンジニア、プログラマを目指している方にとって、「本当に仕事に就く事は可能なのか?」といった点はとても気になるポイントだと思います。実情を踏まえ可能な限り最短の道のりでITエンジニア、プログラマになるまでの方法をご紹介します。

同じ未経験でもハードルが違う年齢による壁。

当たり前の話ですが年齢は若い方が有利です。求人情報に「未経験OK!」とだけ記載があり年齢制限の条件がないものが多いです。しかし誰でも受かる訳ではなく法律で採用条件に年齢を書くこと出来ないので記載していないだけのケースがほとんどです。企業側としては、採用にあたって想定している年齢のレンジがある事が多く、その基準から大きく外れる場合、採用がされる事は大変難しいです。また年齢により採用される基準も違う為、時間を無題にしないよう傾向を掴んでおくべきです。

20代前半〜20代中盤(新卒。既卒)の場合

25歳前後までであれば未経験でも「第二新卒者歓迎」といった求人も多数あり、企業側が育てるつもりで後に会社の戦力になってくれれば良いといった採用が多いです。

20代中盤〜20代後半の場合

学校を卒業してすぐに就職した場合、経験者として扱われる年齢です。中途採用の場合、同年代の経験者や未経験でも年齢の若い第二新卒者と競う事になる為、20代前半までと比べるとやや不利です。ただ年齢や経験だけで足切りされてしまう程ではないので、応募書類や面接での自己アピール次第で可能性は低いわけではありません。

30代前半〜35中盤の場合

30代に入ってから未経験での応募は書類審査の通過もなかなか難しく厳しい傾向にあります。年齢に応じた社会人としての経験がある前提で、雇用形態は正社員でなくとも良いのでアピールできる「経験」を積んでいたり、前職までに勤めていた業種などの業務知識が活用できるといった事があれば可能性がないわけではありません。

未経験からITエンジニア、プログラマなる為にやっておいた方が良い事

ITエンジニア、プログラマは仕事に就いてからも技術が日進月歩で進んでいるので会社の業務だけなく日々勉強をしていく事が望ましいです。未経験で応募する時も面接などでそういった特性があると自己アピールする事は重要です。

プログラミングの勉強

独学

技術書やウェブ上での情報を元に勉強していきます。技術書は未経験者を対象とした書籍も多数あるので、そういった本を一通り読んだ後でウェブ上の情報で知識を補完する事がおすすめです。

スクール

時間とお金に余裕がある場合は、プログラミングなどを教えてくれる専門学校やスクールに通うといった方法もあります。独学で何から手を付けて良いかわからない場合でもしっかり教えてもらえるので安心です。

資格の取得

実務が未経験でも資格を持っている場合、採用側からみてその分野の一定のレベルであるといった評価をされる事が多いです。そこでおすすめの資格をまとめました。

「基本情報技術者、応用情報技術者

未経験者からするとややハードルが高いのですが、取得していると一定の知識があると判断される傾向にあります。まず「基本情報技術者」を目標にし、次のステップとして「応用情報技術者」まで取得していると自己アピールになります。この2つの資格は国家資格です。試験の時期が年2回の春と秋と決まっているので、いつでも受験出来る訳ではありません。詳細はIPA(独立行政法人情報処理推進機構)のサイト上で確認出来ます。
https://www.jitec.ipa.go.jp/1_08gaiyou/merit.html

ベンダー資格

IT関連企業の製品に対しての民間資格になります。実際の業務で使用する技術の資格を持っている場合、業務でどの程度までの知識がわかっているのかと判断し易い為、応募企業の使用している技術の資格を取得しておくと有利です。資格の製品毎に存在する為、種類がたくさんあります。その中でプログラミング言語、データベースのそれぞれのおすすめの資格をご紹介します。

プログラミング言語

オラクル認定資格 Javaプログラマ
Java言語は業務アプリケーションからスマートホンまで幅広く使われている為、活用できる場所が多く認知度が高い為、評価されやすいです。

データベース

オラクル認定資格 ORACLE MASTER、MySQL
以前はデータベースといばORACLEばかりだったので、資格でも「ORACLE MASTER」を取得しておくと一定の評価が得られました。今はウェブ系の企業でMySQLを利用している事が多い為、ウェブ系を目指したい場合場合「MySQL 認定資格」が良いです。

経験を積む

正社員をいきなり目指すのではなく。派遣社員として経験を積む方法もおすすめです。ITエンジニア、プログラマは技術職の為、派遣社員で勤務経験がある場合、正社員での経験がなくても業務経験があると見なされやすいです。雇用契約よりも経験として何をやってきたかを重要視するケースが多いです。
おすすめのIT系専門の派遣会社をまとめた「派遣会社ランキング」を参考にしてください。

応募先企業の探し方

転職サイトを活用する

通常の転職サイトだけではなく、IT専門の転職サイトにのみ求人を出している企業も多い為、転職サイトには希望条件を複数登録して置くべきです。

転職エージェントを活用する

経験が少ない、業界の知識などが少ないといった時期に専門家に頼らない手はありません。転職エージェントには非公開求人といって登録した場合にのみ応募できる求人も存在するので、複数転職エージェントに登録しておくことが重要です。

更新日:

Copyright© 未経験からプログラマへ転職 , 2017 AllRights Reserved.